カテゴリ:プロフィール( 5 )

2017年 09月 22日
北欧スウェーデンで得た価値観 (カラー&インテリアコーディネーターとして)Profile5
スウェーデンの病院、ケアハウス、そして、一般家庭のインテリアを見てみたい!!

そうは思ったものの、そんなツアーなんて無い。

英語もろくに話せない。
一緒に行ってくれる人もいない。

どーしよ…。
でも、どうしても見てみたい。

何とかなる!?
何とかする!?

ご主人がスウェーデン人というご夫婦に相談に行きました。
とても親身になっていろんなアドバイスをいただきました。

現地のガイドをお願いできる方も見つかり、
ドキドキしながら、ひとりでスウェーデンへ旅立ちました。

40代にして、はじめての一人旅。しかも、海外。

ヘルシンキで乗り換え、なんとかストックホルムのホテルにたどり着いたとき、
ベッドに倒れこんで、爆睡。

何とかなるものだ…。と、思いました。

すごく望むことには、人ってパワーが出るものですね!!(笑)

以下のところを見学しました。


●ノーベル医学賞を選出することで有名なカロリンスカ病院。

●子供のころ大好きだった「長くつ下のピッピ」作者のアストリッド・リンドグレンさんが寄付して作られた
 アストリッド・リンドグレン子供病院。

●アートにあふれていたストックホルム市内の公立病院 ソーデル病院。

●大都会のストックホルムからは離れた地方の町トラノスの老人福祉施設

そこでの感想・写真は、こちらをご覧ください。

訪問前、帰国後、しばらくスウェーデンの建物に関する本や資料をいろいろ読みました。

「より良い室内環境をつくることが、人を幸せにする」
という、スウェーデン政府や企業の取り組みには、うらやましい限りでした。


今思うと、

私がカラーコーディネーターとして、インテリアコーディネーターとして、
すごくこだわるところの原点が、ここにありました。


1.「視覚公害」という考え方。
 視覚的に美しくないビルは、最終的には健康に悪影響を及ぼす。

これは、ビルだけではなくて、室内も同じです。
毎日、毎日、色美しくない部屋に暮らすと先ずは、精神的に疲れます。その後は身体に。
すごく共感しました。


もっと「視覚公害」に関心を持つ人を増やしたいです。

●そのことを知っている人が、政府で仕事をすることになったら、企業で環境を考える立場に立ったら、
 もし、ビルを建てるとき、街をつくるとき、看板を立てるとき、
 きっと色に配慮がなされて、もっと日本が美しくなる。

●家庭内でも、同じです。「この色は、ここに合わないわね。」という親子での会話が増えると、
 その子が独立して、自宅を考えるとき、インテリアを考えるとき、色を整えることが当たり前になる。

そして、「色を整える」知識をお伝えしたいです。
 美しと思う色合わせは主観ですが、多くの人が美しいと感じる「色を整えるセオリー」があります。
 
●その知識があれば、ファッションでもインテリアでも、フラワーアレンジでも、テーブルコーディネートでも、
 写真撮影でも、色美しく作り上げることができます。豊かになった今、色のセンスがいいことは、
 自分に自信が持てるひとつになります。


2.「エルゴノミック(人間工学)」身体と精神の感覚を重要とします。

 スウェーデンのオフィスでは、温かみのある色合いの家具や壁などが一般的です。
 また、照明や机、椅子は、社員の体にそれぞれ合うように考慮されています。
 コンピューターのキーボードやマウスの使用を誤ると、しばらくすると身体(腕、首、背中)に
 被害が出てきます。

 家庭内でも、同じことが考えられます。
 身体に合った快適な家具、照明等、日々のことはとても大切です。


 そして、「インドア・グリーン」室内緑化 リフレッシュと癒しのために

スウェーデン国立銀行
c0243369_22193586.jpg



  
















ボルボ トラックファクトリー
c0243369_22193927.jpg

  


















DHL スウェーデン 
c0243369_22192776.jpg



















 
いかがでしょうか?うらやましい限りですよね。


 また、スウェーデンでは、一般家庭を3軒訪問しました。
 そのとき、驚いたことの一つに、キッチンの流しの天板が、「木」だったこと。

 「水がかかって、腐りませんか?」の問いに(というか、もう腐りかけていました)。
 「腐ったら、変えればいいじゃない?木は、温かで優しいでょ?ほかの材質は冷たいじゃない?」

 もちろん、日本より気温も湿度も低いのでその差はあると思いますが、
 とても温かで優しいキッチンでした。


 我が家のキッチンも真似しました!
c0243369_22194437.jpg




















と言っても、木目デザインのマッドなドイツのメラミンですが。
「木」ほどではありませんが、見た目にも、触れても温かで、大満足です。


いろんな経験と人の影響で、私の価値観が形成されました。



心地よい色合わせにこだわること。
 
身体にやさしく合う家具、見た目にやさしい質感、美しいデザイン。

さて、気が付けば半世紀以上生きてる?!
今後は、これまでのいろんな経験、気づき、知識を思い切り出し切りたい。

そして、まだまだいろんな人と出会い、経験を重ねて人生を楽しみたいです。

では、5回に渡る長~いプロフィール。
お読みいただいた方、本当にありがとうございました。(^^)


★「色を整えることの重要性」「色の整えるセオリー」について、
  学校・企業・各種団体・個人グループでの講座を承っています。
  ご興味をお持ちいただけましたら、こちらまでご連絡お願いいたします。



子供のころからきれいなモノ、きれいな空間、きれいな景色が好きでした。
だって、きれいなモノを見ている人、きれいな空間にいるときの人、きれいな景色を眺めている人。
みんな目を細めていい顔になる。

身近な人のそんな幸せそうな表情を見ていると、何より私が嬉しかったです。

















[PR]

by arys-act | 2017-09-22 22:52 | プロフィール
2017年 09月 17日
国際学校とスウェーデン (インテリアコーディネーターへ)Profile4
出会いが人生を変えていく。

今回、自分の過去を振り返り、
つくづく実感しています。

今の自分に、過去のすべての出来事がかかわっている…。

インテリアコーディネーターとしては、
遅いスタートだったけど、23歳で結婚し、家事と子育てをした経験は、
とても役に立ちました。

自分自身が、仕事をしながら工夫して頑張ってきた家事
そして、子供を通して、いろんなママ友とも出会い、
いろんな家庭の価値観、暮らし方を見ることができました

息子が私立の国際学校(中学)へ進学し、
そこで出会ったママ友たちとのお付き合い。

この6年間も私の価値観を大きく変化させる時期となりました。

いろんな国の子供たち
いろんな国からの帰国子女

そこでは世界中の文化に触れることができました。


c0243369_23013100.jpg


















★子供たちの上着掛け とても素敵な建物でした。

親しくなったママ友のお宅へお邪魔して、
その国のお料理を教えてもらう機会も多かったのですが、
私が興味を持ったのが、その、テーブルとインテリア

日本で見る華やかなテーブルコーディネートとは少し違う…?

シンプルですが、そこにはスッキリと色整えられた
テーブルクロス、マット、お花、お皿、グラス、ナフキンが、セッティングされていました。

それが日常のよう?

お料理は、いたってシンプルで、メニューも少ない。(笑)
でも、なぜか満足感が大きかったことに記憶があります。

そして、インテリアもすごく楽しみでした!

間の取り方、アイテムを飾るセンス。
色を整えるこだわり。

インテリアの洋書でみる世界がそこには在りました。

もちろんここは日本ですが、その狭い空間でも
私たちには思いつかないような工夫がされていました

洋室で生活してきた人たちの文化を感じ
部屋の使い方、飾り方、とても勉強になり影響を受けました。

そんな中、個人的に好みで心惹かれたのがスウェーデン人のお宅でした。

シンプルだけど、色使いと照明の使い方で温かみを感じます。

何故かこころ惹かれるスウェーデン。

そういえば、高校生の時、アバ(スウェーデンの歌手)も大好きだった!!
関係ない?(笑)

北欧は、寒い国なので室内で過ごす時間が長い、
その為、いかに室内を快適に暖かに暮らすかを考えられてきました。
だから、色使い、照明、家具のデザインが進んでいる。

インテリアの先生の言葉を思い出しました。

そんな国の病院やケアハウス。
さらに人にやさしく考えられているはず!!

そう思い、その数年後、
いろんな方々の協力のお陰で
ひとり、スウェーデンへ向かいました。

この続きは、また長くなりそうなので、次回にしますね。

私は、住まいに対して
住まう人の心を落ち着け、優しい場所であって欲しい。

自然とそう思う方へ進んでいった気がします。


「色を整える」カラーコーディネートレッスン

2017年11月12日(日) 
グループレッスンは、こちら
で講師をさせていただいております。




[PR]

by arys-act | 2017-09-17 23:22 | プロフィール
2017年 09月 11日
色三昧の数年 (OLからカラーアナリストへそして)Profoile 3
楽しかった神戸でのミーハー女子大生活を終え、社会人へ

「色」「デザイン」に目覚めた私。

本当は、アパレル・デザイン関係へ進みたかった。

でも、大学で専攻していたのは全くの畑違い。

その当時の就職は、
女子大では「推薦」をもらいその企業の就職試験を受けるというパターンが多く、
熱い気持ちも無かった私は、大阪に本社を置く電機メーカーのOLになりました。

事務職が、本当に向かないことを痛感させられる日々でした。

仕事が暇になったら、会社の書庫の隅っこで寝ていました。(笑)

でもね!たった3年半のOL生活でしたが、1度だけ輝ける思い出があります!

社内で、○○推進委員会のポスターの募集の情報を知り、
久しぶりに筆を持ち、ポスターを描いたところ優勝!!

全世界の工場や事業所に私のポスターが配られました!!(^^♪

すごくうれしくて、やっぱり絵を描くこと、色を考えること、大好き!
と確認するも、またいつもの退屈の日々に戻り、
早々と23歳で結婚、24歳で出産、退職。

子育てもまあまあ楽しんでしていたときに、運命の出会いがありました。

今から28年前のこと。

ご主人の仕事でアメリカで暮らしていた幼馴染のMちゃんから
「アメリカで習ってきたパーソナルカラーという仕事を始めたの。」と。

「なに?それ?」

「早速、彼女が私をパーソナルカラー診断してくれました。
 顔の近くに持ってくる色で、気分も顔色もこんなに変わる。実感。そして、嬉しくて!」

人の微妙な肌の色を分析し、似合う色を見つける仕事。

「こんな仕事、したい!!」

その後、私も勉強し、カラーアナリストになりました。

c0243369_14181320.jpg


口コミで仕事が入ってくるようになり、
子育てと両立しながら仕事を楽しんでいたあるとき、

知り合いのファッションモデルさんから、アパレルメーカーの仕事を紹介されました。

イベントを成功させたことがきっかけになり、
月に数回、日本各地のデパートや店舗でのイベントに呼んでいただけるようになりました。

イベントの内容は、

VIPのお客様のカラー(似合う色グループ)を診断し、
その場で店舗内のお洋服をコーディネートして差し上げる。

VIPのお客様もテンション上がる服をその場で見つけることができて喜ばれる。
メーカーさんも売り上げが上がり、喜ばれる。
わたしも嬉しそうなお客様を見て、嬉しい。

そのとき、小学校時代のブサイク事件にとても感謝しました。(笑)

あの時の観察力がとても役に立ちましたよ!

似合う色が見つかっても、ご本人を含めたファッション全体のカラーコーディネートが整っていないと
残念ながら美しくはありません。

1日に何人もの方を診断し、その場で、似合う色に美しく合う色を整えていく作業。
何回も何回も。
時には髪型までアドバイスしたり…。
お店の方に商品の飾り方や並べ方のアドバイスもするようになりました。
当然、お店も整っていないといいものに見えないし、美しくもない。

色彩心理の本も多く読み、こころと色のつながりにもとても興味を持ちました。

あっという間に1日が過ぎるとても忙しく充実した日々、
すごく多くの経験をこの数年でさせていただき、多くの気づきを得ました。


・いろんなベージュ、グレー、ブラウン、ホワイトがあること。
・その微妙な色合わせの違いが、美しさの度合いを変えること。
・色の強さやと面積の関係。
・まったく同じ肌の色を持つ二人であっても、
 顔のパーツ(目・鼻・口・眉毛・輪郭)のデザインが違うと似合う色も微妙に違うこと。
・デザインと色の相性。
・土地によって、好みが変わること。
・キャラクターと色の関係。


「色」「デザイン」三昧の日々でした。
 もう、オタクです。(笑)

そんな中、個人的に親しくなるお客様も増え、
インテリアに関してのご質問をとても多く受けるようになりました。

もちろん好きな分野です。
色に関しては、自信もあったのでお応えできる範囲では答えていましたが、
ふと、あの教会での感動を思い出しました。

ファッションよりも、もっと大きな空間、
人を家族をすっぽり覆う、

美しくて、優しく、あたたかな空間を作りたい!

と、7月中旬に思いつきその年の10月にはインテリアコーディネーターの試験を受け、
1次を無事通過、翌年の2月には、合格通知を手にしました。

後にも先にも、人生で、一番集中して勉強しました。

建築関係の知識0ゼロ。
「ラーメン構造?なにそれ~!!」って、本当に泣きながら。(笑)

色彩検定1級の時もそうでしたが、
勉強嫌いなこんな私でも、好きなことのためなら頑張れること知りました。

そして、遅咲きのインテリアコーディネーターへと人生は続きます。


















[PR]

by arys-act | 2017-09-11 14:20 | プロフィール
2017年 09月 08日
神戸と教会と友達 (大学時代)Profile 2
さてさて、いよいよ大学進学を考える時期が来ました。

本当は、大好きな美術や音楽を学びたかったのに
親から「そんなこと学んで、仕事ないよ!」の一言。

そのような時代でした。

高校では、「音楽」「美術」「書道」は、選択科目で
一つしか選べず、「音楽」を選択した私にとって、

大好きな「」「デザイン」を考える場所が自分のファッションのみでした。

中学生のころから読んでいたファッション誌「Mc Sister」を卒業し、「J J」が愛読書。

別に勉強は好きではないし、親の言う就職に有利な大学って…?分からない…。

でも、どうせ通うなら京都か神戸にしよう!(大阪に住んでいました)

ということで、賀来千香子さん全盛時代の「J J」によく登場していた神戸の女子大に進学。

その入学直前のオリエンテーリングで、衝撃を受けました。

女子大付属の高校から内部入学した子と、外から入学した私たち、
一目瞭然で、違いがわかります!!

内部から来た子は、あか抜けていて、私たち「」でした。(笑)

JJ」読んでいたし、少しはおしゃれなつもりが…。

おしゃれのレベル高い!!

何だかかっこいい!!目立つ色やデザインを使っているわけではないのに、何故か輝いている!!

早速、分析に入りましたよ。(笑)

その当時流行の「ハマトラ」で身を包み、
先端のブランドものをかっこよく着こなしている友人たちも多かったですが、
わたしが特に共鳴したのは、どこか上品さを感じる人たちでした。

「良質のモノを長く愛し、上手く今のモノと組み合わせておしゃれを楽しんでいる。」

宝塚から通う友人が、とても上品なレースのブラウスとデニムをコーディネートしていました。

「それ!素敵ね。」と、私が声をかけると。

「あっ、これはね、おばあちゃんのなの。
 おばあちゃんから、おかあさんへ、そして、私が最近もらったの。
 スカートは、お母さんが作ってくれたの。生地は、神戸の高架下でわたしが選んだのよ。」
 ★その当時、神戸の高架下には、生地屋さんが軒を連ねていました。

「おっ、おばあちゃんの?!」

 その時の感動が、忘れられません。

 そのころから、クラッシックな歴史あるデザイン、大切に使われてきた良質なモノを愛する気持ちが、
芽生え始めた記憶があります。

それとね、環境って、本当に人を変えるものです。

「芋」だったわたしたちですが、卒業式の写真を見ると、
元内部入学生と区別がつかなくなっていました!(笑)


そして、もうひとつ今の私のインテリアに大きく影響を与えたものがあります。


「教会」という建物


私が通った学校は、キリスト教の学校でした。
それまでは、小さな町の教会に行ったことはありましたが、初めて大聖堂を訪れました。

その建物に入った瞬間に、また感動でフリーズ。身体が反応しました。

「空気」が違う。

 こころは落ち着き、守られているような安心感もある。何?ここ!!

色は、完全に整えられ、ステンドグラスの色のみがアクセントとなり、すばらしい空間。

整った空間に身を置くと、こんなにもこころと身体が落ち着くのか…。

長年使い込まれたであろう木の椅子。
美しい光彩。
解放感ある高い天井。

よく考えれば、日本の寺院や神社も同じ。

清潔で整い、美しい。

もちろんすべての建物がそうとは言えませんが、
立派な教会・寺院・神社は、心落ち着く場所が多いですね。

大人になりかけの20歳前に経験したこの出来事は、
今、ご提供したいインテリアを考える私の原点となりました。

c0243369_12102838.jpg
一昨年の秋に訪れたベルギーの教会です。

上品であること。
清潔感があること。
色が整っていること。
歴史あるデザイン。

ということが、「好き」だという自分に気づかせてくれた大学時代でした。


そうそう、「ありこ」っていう名前もね。
あか抜けたお友達(笑)が、『「ありこ」って、かわいい名前。』って。

少しだけ、好きになり始めた頃でした。























 


[PR]

by arys-act | 2017-09-08 12:27 | プロフィール
2017年 09月 07日
オレンジ色のランドセルと変な名前のブサイクな女の子(小学校~中学校)Profile 1
今は笑える小学校時代の事件です。

小学2年生のある日、クラスの友達に告げられた一言。



「お母さんが、ありこ(私)のこと、ブサイクな子って言ってたよ。」



それまで、自分がかわいいとも、ぶさいくとも、
顔のことなんて何にも考えていなかったのです。

「えっ?!」
「そーなんだ、私ってブサイクなんだ…。」

大きなショックというより、「ぽかーん」みたいだった記憶があります。
いや、ショック過ぎたのか…。

確かにあの時代、今のようにオシャレな子はいなかったので、

お目目パッチリの子が、お人形のようでかわいかったの。

その子たちと比べると、確かに…ブサイク

ということで、私は自分で自分に「ブサイク」の刻印を押しました。


誰にも告げずに傷ついていました。(笑)

「お母さんキレイね。」
「妹さんかわいいね。」

言われる度に「どーせ私はブサイクです!!」って。
小学生でなければ、ぐれてたかも?!(笑)



そして、ランドセルの色が「オレンジ色」。

あの時代、女の子のランドセルの色は、ほぼ100%が「」でした。
全校でわたし一人が、「オレンジ色」。

「なんでオレンジ色なん?」と、聞かれる度に。

なんでみんな「なん? なんで私は「オレンジ」を選んだの?
男の子は、なんでみんな「」なん?「」はなんでいないの?

ちなみに妹は、これまた「黄色」で、これは親に選ばれたみたいで、
わたしより目立つ「黄色」が、嫌で嫌で、
泣きながらランドセルを放り投げ、ぶつけて、踏んで、蹴って、
執念で壊して、6年生まで絶対に使うことを約束させられて
念願の「赤いランドセル」に買い替えてもらっていました。

とまあ、色のことで小学生の時から、こんなにもんもんと考えていました。

今になって、写真を見てみるとオレンジ色、似合っているし、
すご~くブサイクでもなく、普通やん。(笑)


そして、色とデザインとは、関係ありませんが、
名前の「ありこ」も、すご~~~く嫌でした。

自己紹介する度に、

『「ありこ」やて~~。変な名前。』
『「ありこ」って、変わった名前~。』
『「あいこ?」「まりこ?」なんて?』

この顔とランドセルと名前。
神様を恨みました。


そう、だから、小学生時代の私は
「オレンジ色のランドセルの変な名前のブサイクな子」


学校での好きな教科は、「図工」と「音楽」。勉強は、無し?親は教員のなに。(笑)
特に「図工」は得意で、学校外で何度か賞もいただきました。

それだけは自分で誇れる「ありこちゃん」でした。



そんな私も中学生になり、やっとあの「オレンジ色のランドセル」とおさらばしました。(笑)

ブサイクな自分にも少し慣れました。(笑)
変な名前「ありこ」は、そのままです。

そして、成長していくうちにあることに気づきました。


お目目ぱっちりじゃなくても素敵な人、きれいに感じる人がいる!!!


「なぜ????」


それから今に至る習性「美しいモノの観察」が始まりました。

答えは、「バランスにありました。

そして、素敵な人は自分を知っている。

「あの顔の大きさと身長だから、大きさのバランス。髪型は…。洋服の色は…。」
「あの顔のパーツ(目・口・鼻・輪郭)のデザインには、カーブを感じるから…。デザインのバランス。」
「肩幅狭いから…。」
「背が低いから…。」

わたしもブサイクから普通に脱出できるかも?!

そして、それからは「人」だけでなく「モノ」「絵画」「景色」「自然」等
そにかく美しく感じるものすべてに

「なぜ、美しく感じる?」の分析が始まりました。
それは、面白くて、興味深くて…。

それも不思議ですね。

なぜ、私は、美しいモノが好きで、それを分析しようとするのか?

この答えは今も、出ていません。名前も「ありこ」のまま。(笑)

そうそう中学生になって、好きな教科が増えました。「書道」です。
相変わらず勉強より「美術」「音楽」そして、「書道」

その後、何も考えずに普通科の高校へ進学しました。
普通になったつもりの私は、少しおしゃれして、少し恋もして、
そして、いよいよ将来に向けての大学進学。

この大学も私にとってのターニングポイントだったかもしれません。

いろいろあります。
そこそこ長く生きていると…。

続きは次回に





















































私のランドセルは、なぜかオレンジ色でした。

その時代、女の子はほぼ全員が、「」。男の子は、「」でした。

「なんでオレンジ色なん?」





[PR]

by arys-act | 2017-09-07 17:27 | プロフィール