2017年 03月 22日
インテリアもファッションもすべて脇役が重要 (インテリア編)

ドラマや劇を見ていても、華やかな主役はもちろんですが、
そのストーリーをおもしろくしてくれる味のある脇役に注目します。

インテリアもファッションも脇役がとても重要です。
その脇役を大切に考えると身体もこころも心地よいデザインが完成します。

インテリアの脇役、オーダー収納家具の納品でした。

c0243369_12540980.jpg


寝室のベッドサイドに置くボード。
いろんなご要望をお聞きしながら作りました。

ベッドに近いところに出し入れできるトレイを。

c0243369_12541297.jpg


トレイには、リーディンググラス、読みかけの本、携帯電話などを置きます。

壁面からは、2か所電線を引きこめるようにしました。

棚板を外して、照明器具を置くこともできます。
リビングのとなりの部屋です。
来客の時でも扉を開いて低い位置からの間接照明をいかがでしょう?
ハッキリは見えないけど、優しい奥行が生まれるはずです。(^^)

A4の書類を縦にファイルを入れて置きたい。とのご要望も。
引き出しの深さを最大限にするために、
A4サイズがサッと取り出せるギリギリの高さに抑えました。

c0243369_12541503.jpg


暮らし方と家のサイズ・色は各々違います。
住人の動線(片付けやすさ、扉の開閉のしやすさ、動きやすさ等)

部屋のインテリアを邪魔しない色
白でもいろいろありまして…

c0243369_13184859.jpg


お客様の好みも室内のインテリアの色も把握しているので、選択は容易です!
それに…「カラーコーディネートの先生」していますから。(笑)

快適にサッと出して、サッと片付く脇役。
整ったインテリアには、重要なポイントです。

ファッション編は、次回に。

「色を整える」カラーコーディネートレッスン 1Day Lesson 2017年5月21日(日)
こちらで講師をさせていただいています。





[PR]

by arys-act | 2017-03-22 13:25


<< インテリアもファッションもすべ...      インテリアで「空気」が変わる。 >>