2016年 07月 04日
目に見えないインテリア(気持ちいい部屋とは)
久しぶりに我が家へ訪れた友人が、
「本当にいつも気持ちいい部屋だね。」と、褒めてくれました。

気持ちいい部屋」私にとって、最高の褒め言葉です。

c0243369_5244311.jpg


私の部屋の飾りケース。デスクに座った、視線の斜め先に置いています。

その時の気分で、見ていて一番気持ちのいいモノを飾っています。

気持ちのいい部屋にするには、
かたちあるモノだけに、こだわるのではなく
五感を大切にすべきだと思います。

・色   美しくない色合わせを「色公害」という国もあります。
     ノイズを延々聞いているような影響を脳に与えます。
     気持ちの良い風景は、必ず色が整っています。

・光   日光、照明、光は、ただモノを見るために明るいだけではありません。  
     青白い光からオレンジ色の光まで、こころに大きく影響を与えます。
     明るすぎる眩しさも、暗い部屋も心地よくはありません。
     光をコントロールすることにより、暮らしは豊かになります。

・音   騒音をはじめとする不快な音を取り除き、こころに合わせていい音楽や音を聴くと
     行動が軽やかになったり、気持ちが落ち着きます。

・香り  好みのいい香りは、脳に大きな影響を与えます。
     リラックス効果や、集中力を生み出したり、いろんな効能があります。


家は気持ちがいいことが、1番重要です。

今一度、思いやお金のかけ方を見直して暮らしを変えてみるのはいかがでしょうか?

気持ちのいい部屋に身を置くと、

嫌な気持ちが緩和されたり、
行動が軽やかになり、正しい判断ができるようになります。

当然、行動が変わるので、習慣が変わります。
習慣が変わると、人生が変わります。

どこかで聞いたセリフ?(笑)

いやいや、でも、真実です!

と、信じて日々修行ですわ。




本気のカラーコーディネートレッスン
個人レッスンは、随時募集しております。こちらをご覧ください。

色を整える」レッスン
現在、グループレッスンに関しては、こちらで講師をさせていただいております。
次回は、2016年7月24日です。




     
[PR]

by arys-act | 2016-07-04 06:04 | こころ・時間・情報を整える


<< 飾りケースの中 <気持ちいいモノ>      夢中な時間 <レッスン編> >>