2014年 11月 10日
美しい秋 (黄金色)
母の希望で、急遽、広島の宮島 厳島神社へ一泊旅行。

急にホテルの予約を入れ、バタバタで向かい
高齢の母の身体を気遣いながらで、後半は少々疲れが出ていました。

そんな帰りに、最後に立ち寄った豊臣秀吉が建てた豊国神社(千畳閤)。
ここですっかり元気になりました。

神社のすぐ傍にとても立派なイチョウの木が一本。
c0243369_21464254.jpg

あまりに大きく、そして輝き、目にした人は皆、立ち止まっていました。

でも、千畳閤に上がり、この光景をみたとき。 フリーズ!!
c0243369_21522792.jpg

磨き上げられた床にイチョウの黄色が映り込み、本当に美しいこと。

天正十五年(1587年)に建てられた当時の柱や張りを残したこの建物と
樹齢の想像もつかないほどの大きなこの木を目の当たりにし、
自然と歴史に敬意を持たずにはいれませんでした。

外国人を含む数人が、そこに座り、静かにただ見つめておられました。

私も。

秋の優しい風に吹かれ、こころと身体に風が通り抜けていく感じがしました。

「美しい」って、本当に心が洗われる。そんな気がしました。

以前、厳島神社を訪れた際、ここはスルーしていた私です。


イチョウが黄金色になる秋に、
絶対に立ち寄っていただきたい豊国神社です。
[PR]

by arys-act | 2014-11-10 22:18 | 私こと


<< インテリアは、艶感も重要。      ロイヤルブルー&ブラック&ホワイト >>