2012年 06月 09日
私が見たスウェーデン10 トラノス ケアセンター
ケアセンターを見学中、おじいさんが声をかけてくだいました。

「私のお部屋へどうぞ。」
c0243369_1047161.jpg


男性のお一人暮らしなのに、センスよくインテリアカラーをまとめておられました。
「赤」がアクセントカラーのこのお部屋。
もしかして、セーターもコーディネートの一部?プロ?
c0243369_10511688.jpg


家具は、慣れ親しんだご自身のものがほとんどです。
アッパーなお方だったようで、思い出の品々がきれいに飾られていました。
c0243369_10543862.jpg

なぜか、心が温かくなりました。
仕舞い込んでおくのではなく、いつも身近に置いてこそ・・・そう思いました。

バスルームまで、見せていただきました。
シャワーカーテンのお花柄が入ることで、こんなにも幸せ感が上がるのかと感心しました。
c0243369_10594627.jpg


私も、もっと色や柄を楽しまないと?!

ご高齢の方々は、家の中にいる時間が長いので
カーテンやクッションを思いっきり楽しんでほしい!! 
[PR]

by arys-act | 2012-06-09 11:05 | スウェーデン


<< 雨上がりの夜      私が見たスウェーデン9 トラノ... >>