カテゴリ:子供部屋( 3 )

2015年 02月 12日
未来が変わるインテリア
姪のHanaちゃん小学5年生。この春からは、もう6年生になります。

悩みも多き?5年生。
先日、久しぶりにゆっくりと二人で話す機会がありました。


「1年後、3年後、10年後。どんなHanaならHAPPY?」

「楽しく勉強していたい。」
「大好きな本を思い切り、たくさん読みたい。」
「いい友達が欲しい。」

「全部、紙に書いてみて!何色のペンがテンション上がる?」

「ピンク!」と、私の書きやすい水性ボールペンを手にしました。


「何を勉強したいの?」

「植物、動物、食物、環境問題。」 ほ~、ちょっとビックリ!

「好きなこと勉強するのは楽しいものね!」

「どんな本読みたいの?」

「何でも!!とにかくたくさん。」

「どんな友達が、いい友達なの?」

「何かに一生懸命頑張っている人」

他にもたくさん、こころの中の思いを紙に書いてもらいました。
こころにある全てを。思いつく限り。

「スッとした?」

「うん!」




少し専門的な勉強をしたい為、中学受験をするらしく。
今は、勉強を落ち着いてしたいらしく、でも・・・・。

「どんなとき、できないの?」


「人のことで、モヤモヤしたり、部屋が散らかっていたりして、すぐにできなかったり、
 雨戸がね、風でガタガタ鳴ったり・・・。」

人のことのモヤモヤは・・・、難しいね。人は変えれないし。あとで考えよ!
雨戸か・・・、昭和のガタガタの古家なので、解決不可能!!これはあきらめ。
部屋の散らかり、これは任せとき!!!

「アーティン(私)のお家、空気が軽くて気持ちいいよね。」

「気持ちいい~!って、大事よね。他のことにいい影響あたえるものね。」

コツがあるのよ。教えてあげる。
1日1回、硬く絞ったフキンで机を拭いて、机に向かって「ありがとう。」って、言ってごらん。
そのキレイは、Hanaの部屋中に伝染するから。

ということで!!

Hanaのために、 「空間とこころを整える1DAYレッスン」開催。

朝早くから、Hana宅へ。

「どんな部屋にしたい。」

「気持ちが落ち着く、スッキリした部屋。」

「何のために?」

「今、一番しないといけない勉強が気持ちよくできるように。」

「今、やらないといけないと思っている勉強にスッととりかかれたら、
 とりあえず今日はHAPPYよね!」

「OK! じゃー始めるよ~!」

お片付けの基本。

そこで何するの?編

机では?
1.勉強する。
2.仲良しのSaeちゃんに手紙を書く。
3.本を読む。
                     ・・・・・くらいかな?

お部屋では?
1.ゲーム
2.手芸


今、部屋にあるものを分類 編

1.勉強する用の書類 (本・問題集・ノート)    
a.小学校
b.塾
c.復習用
d.もう使わない。

2.手紙用  (手紙・はがき・切手) 
a.使う
b.使わない

3.本              
a.物語
b.趣味(猫・手芸等)
c.英語
d.もう読まない。要らない。

c0243369_9473277.jpg


ラグにガムテープ貼り付けて、4つのスペースを作りどんどん仕分け!

4.文房具  子供でもこんなに持ってる?!
c0243369_958437.jpg


「全部毎日使ってる?」
「 ・・・・・使ってない。」
「毎日絶対に使うのは?」
「えんぴつ5本、4色ボールペン1本、消しゴム1個、定規1個、塾ではシャーペン1本も」
「たまに使うのは?」
「ホッチキス1個、はさみ1本、長い定規1本、のり1個。かな?」

      
二人で相談し、筆箱に毎日使うものを入れ、たまに使うものは机の引き出しに。
そして、それ以外の要るものはストック箱を作り、えんぴつが小さくて使えなくなったら
そこから下ろして来よう。   と、決めました。


なぜか、お母さんのカーラー?まで(笑)

5.ぬいぐるみ
a.置いておきたい。
b.さよならする。

「あのね、ぬいぐるみやお人形はかわいそうでどんどん溜まったの。」
「そうね・・・、思い出あるものね。でも、置いておきたいものは残して、
もう愛せないものと分けてみて!」
c0243369_1041355.jpg

       近くの門戸厄神さんの人形供養に持って行くこと勧め、彼女も納得。

そして、どんどん仕分け。

カバン   ランドセル
       塾用
       おけいこ用
       お出かけ用
       小物入れ

折り紙
スケッチブック
色鉛筆
ノートの使いさし

今後使えるもの(消耗品)は、ストックへ
もう、使わない物は、お母さんが近所の小さいお子さんへ

半日かけて、仕分け終了!

全部、決めたのはHana自身です。

ここからが、私の出番?!

「まず、必要なものがスッと取り出せて、スッとなおせるように。位置を決めよう。」


普通、壁に沿わせて家具を置くのが基本。
だけど、スペースだけは(笑)じゅうぶんある部屋なので
机に向けて、少し斜めに置きました。
 
その方が、椅子からの距離も近く取り出しやすく、もどしやすい。
少し、囲われた感がある方が、人は安心感を持ちます。

Befor
c0243369_10195045.jpgc0243369_1020124.jpg


After
c0243369_10222846.jpg


c0243369_10212525.jpgc0243369_10242861.jpg

中は、カテゴリー別に分類。要るものだけで、スッキリ。

机の上は、サッと毎日拭けるようにスタンド1つだけ。

引き出し・・・、ほとんどスカスカ(笑) はさみ、ホッチキス、のり等がトレイに1つずつ収められています。

そして、ペン、ノート等の文具のストック類。
趣味の手芸用品、ゲーム関係は机から少し離れた棚に。

Befor
c0243369_10284585.jpg


Hanaの希望で、色も整えることになりました。
「きついピンクと茶色の籠が気になる。」
お金は使わない予定でしたが、お母さんに出資してもらいスッキリ白に統一しました。
二人で、近くのニトリへGO!
c0243369_1031476.jpgc0243369_10312098.jpg


表札(ネームシール)もしっかり記しました!これ、大人でも重要。
もうすぐ中学だし、英語でとリクエスト。

Hanaの中学が決まり次第、お引越し予定なのでボロボロの(笑)妹宅ですが、
それなりに心地よくなりました。

ネームを貼るころには、Hanaも鼻歌まじり・・・♡

さー!!これを習慣にしてこそ、ミッション終了です!!

おばさんは、こんなものを準備していました。
c0243369_10381179.jpg


机をサッと拭いて、「ありがとう!」が、言えたら 机スッキリ項目 にチェック!

他は、Hanaが自分で決めました。

最初は毎日できなくてもいいからね。
でも、自分で決めたことをできた日は、気持ちいいかも?

知って欲しいな。

気持ちいいと、人に優しくなれるし、行動が軽くなる。

机をサッと拭けて、「ありがとう!」を言える環境を作ることが
勉強頑張ることより、大切だと思います。

私もできない日もあるし、一緒だよ。

インテリアを整えて、自分に合った自分が心地いい空間を作ると
習慣が変わり、行動が変わり、きっと未来は変わる!

Hana! 頑張れ~♡

アーティンは、いつも近くにいるよ。
[PR]

by arys-act | 2015-02-12 23:55 | 子供部屋 | Comments(0)
2013年 02月 03日
飾るアイデア
お子さんの絵や作品、このように飾ってみてはいかがでしょうか?

c0243369_001536.jpg


コルクボードに白い紙を先ず貼って、その上に作品を貼ると・・・。

ちょっとした額縁の完成です(^_^)/

ちょっとした工夫でお部屋はセンスアップしますよね?!
[PR]

by arys-act | 2013-02-03 00:06 | 子供部屋 | Comments(0)
2012年 07月 31日
思いっきりインテリア
ピンクが大好きな女の子の部屋。
c0243369_22245261.jpg

きっと、テンション上がるのでしょうね~❤

でもね、これは少女だけでは無いはず!!

何故か、日本では子供が大切にされ、
多くのご家庭では、お家の間取りを考えるとき、
先ずは、子供部屋から確保して行きます。

で、その次がご主人の書斎。

奥様の個室は・・・、最後というか、ない人がほとんど。

でも、子供が巣立ったあとのお部屋をご自分のお部屋にしている人が増えています。
セカンドライフのスタートです。

パブリックなリビングやダイニングは、みんなが心地よいことが重要だけど、
「元少女」、「元少年」も思いっきり大好きなお部屋作って欲しいです!!

昨年、60代の女性のお部屋のカーテンで、
思いっきり華やかな花柄をご一緒に選びました。

カーテンをかけた瞬間、彼女の目はすごく輝き
「元少女」は、「少女」になっていました(^_^)/

お部屋のインテリアを考えるとき、「色」は、とても重要です!
先ずは、テーマカラーを決め、その色を繰り返し使うと間違いなくセンスアップします。

因みにPINKは、女性ホルモンの働きを活発にする色です。

PINKのお部屋の彼女は若返ること間違いなし?!

PINKが苦手な私もそろそろPINKのチカラが必要かも・・・(ー_ー)!!
[PR]

by arys-act | 2012-07-31 22:53 | 子供部屋 | Comments(2)