2015年 03月 28日
内装のカラーセレクト
新築マンション内装のご相談がありました。

先ずは、内装のカラーセレクトからです。

床、建具(扉)、クロス等の内装材のカラーが4パターンありました。

マンションに寄っては、床、建具、壁等をいろいろと組合せを選べたり、
最初から、ダークブラウン系、ナチュラル系、ホワイト系、等決まっている場合も。

そこまでは、インテリアコーディネーターが決めているのでカラーは整っています。

そこに、ご自宅の家具、または購入予定の家具が入ります。

「木」は「木」同志の色が重要です!

床のフローリングと建具、そして家具。
いろんな木の色、ブラウンが存在します。

ビミョーに近くて違うと気になります。

ブラウンには、オレンジイエロー系の色とブルーチョコ系の色があり。
その、どちらかの濃淡で整えるとまとまり易いです。
★これ、ファッションも同じです!

オレンジイエロー系(西宮市F様邸)とブルーチョコ系(箕面市K様邸)
c0243369_23393286.jpgc0243369_23401599.jpg



色数は、絶対に増えて行きます。

だから、スッキリさせたい場合は、
色数を抑えることをお勧めします。


家具のカタログをよく見てみると、そのほとんどが、
床が白、もしくは茶色の床には白っぽいラグを敷いてセパレートしています。
ダークな床には、白い家具。

色に濃淡をつけています。


日本の住宅は、色の濃さで言うと中間のブラウンが多く、
下手すると、ぼやっと茶色いインテリアになりがちです。

そういう場合は、ダークブラウンや黒を刺し色にすると引き締まります。

我が家です。白黒写真みたい?
c0243369_23421193.jpgc0243369_23422748.jpg


楽しくもあり、少しだけ苦しみもある?インテリアのセレクトです。

喜びも苦しみも分かち合って行きましょう?!(笑)
[PR]

by arys-act | 2015-03-28 23:52 | カラーコーディネート | Comments(0)


<< 習慣が変わるインテリア      寝室の天井 >>