2017年 09月 19日
ご機嫌になるインテリア

本日のレッスンは、こちらのお部屋でした♪
c0243369_23242014.jpg




























今、楽しくて仕方ないジャズボーカルのレッスン。

今日は、この素敵なお部屋でした!!(^^♪

レッスン会場に使われている神戸居留地のレトロなビルには、
いろんなお部屋があり、その日ごとに部屋が変わります。

スカッと高い天井に、真っ白な塗り壁、黒いピアノ、赤い椅子、茶色の床。

c0243369_23241521.jpg




















キチンと並べられている訳では無いけれど、
色と空間のバランスが取れていて、心地良い…。

c0243369_23242435.jpg




























すごく楽しくレッスンを受けることができました。

色が整った空間は、気持ちがよくて、やっぱりご機嫌になる。

帰り道もルンルン♪

機嫌がいいと、「今夜は、おいしいモノでも作ろうかな!!」なんて、気分になる。

すると、まわりもHAPPYな気分になる!!

不機嫌は、その反対。(笑)

まわりも迷惑??(笑)

だから、色を整えて、機嫌になるインテリアを作りましょう。(^^)/



「色を整える」カラーコーディネートレッスン

2017年11月12日(日) 
グループレッスンは、こちら
で講師をさせていただいております。













[PR]

# by arys-act | 2017-09-19 23:47 | 私こと | Comments(0)
2017年 09月 17日
国際学校とスウェーデン (インテリアコーディネーターへ)Profile4
出会いが人生を変えていく。

今回、自分の過去を振り返り、
つくづく実感しています。

今の自分に、過去のすべての出来事がかかわっている…。

インテリアコーディネーターとしては、
遅いスタートだったけど、23歳で結婚し、家事と子育てをした経験は、
とても役に立ちました。

自分自身が、仕事をしながら工夫して頑張ってきた家事
そして、子供を通して、いろんなママ友とも出会い、
いろんな家庭の価値観、暮らし方を見ることができました

息子が私立の国際学校(中学)へ進学し、
そこで出会ったママ友たちとのお付き合い。

この6年間も私の価値観を大きく変化させる時期となりました。

いろんな国の子供たち
いろんな国からの帰国子女

そこでは世界中の文化に触れることができました。


c0243369_23013100.jpg


















★子供たちの上着掛け とても素敵な建物でした。

親しくなったママ友のお宅へお邪魔して、
その国のお料理を教えてもらう機会も多かったのですが、
私が興味を持ったのが、その、テーブルとインテリア

日本で見る華やかなテーブルコーディネートとは少し違う…?

シンプルですが、そこにはスッキリと色整えられた
テーブルクロス、マット、お花、お皿、グラス、ナフキンが、セッティングされていました。

それが日常のよう?

お料理は、いたってシンプルで、メニューも少ない。(笑)
でも、なぜか満足感が大きかったことに記憶があります。

そして、インテリアもすごく楽しみでした!

間の取り方、アイテムを飾るセンス。
色を整えるこだわり。

インテリアの洋書でみる世界がそこには在りました。

もちろんここは日本ですが、その狭い空間でも
私たちには思いつかないような工夫がされていました

洋室で生活してきた人たちの文化を感じ
部屋の使い方、飾り方、とても勉強になり影響を受けました。

そんな中、個人的に好みで心惹かれたのがスウェーデン人のお宅でした。

シンプルだけど、色使いと照明の使い方で温かみを感じます。

何故かこころ惹かれるスウェーデン。

そういえば、高校生の時、アバ(スウェーデンの歌手)も大好きだった!!
関係ない?(笑)

北欧は、寒い国なので室内で過ごす時間が長い、
その為、いかに室内を快適に暖かに暮らすかを考えられてきました。
だから、色使い、照明、家具のデザインが進んでいる。

インテリアの先生の言葉を思い出しました。

そんな国の病院やケアハウス。
さらに人にやさしく考えられているはず!!

そう思い、その数年後、
いろんな方々の協力のお陰で
ひとり、スウェーデンへ向かいました。

この続きは、また長くなりそうなので、次回にしますね。

私は、住まいに対して
住まう人の心を落ち着け、優しい場所であって欲しい。

自然とそう思う方へ進んでいった気がします。


「色を整える」カラーコーディネートレッスン

2017年11月12日(日) 
グループレッスンは、こちら
で講師をさせていただいております。




[PR]

# by arys-act | 2017-09-17 23:22 | プロフィール | Comments(0)
2017年 09月 13日
「好き」だから続く
仕事が趣味みたいなので、仕事に繋がるような習い事は続きましたが、
それ以外の趣味は、全く続きませんでした。(>_<)

が、初めて続いています。
大好きな音楽のお稽古。

まだ、一度もお休みしていません!!

月2回。

大好きな神戸だから。
大好きな先生だから。

「パワースポット」と「パワーパーソン」

テンション上がる場所に行きたいし。
テンション上がる人に会いたいし。

c0243369_22591982.jpg


























c0243369_22592448.jpg























写真は、神戸大丸1階のカフェラ


「好き」のエネルギーは、すごく大きい。

だから、家の中は、「好きなモノだけ」が目標。

すると、家がパワースポットに!



「色を整える」カラーコーディネートレッスン

2017年11月12日(日) 
グループレッスンは、こちら
で講師をさせていただいております。










[PR]

# by arys-act | 2017-09-13 23:10 | 私こと | Comments(0)
2017年 09月 11日
色三昧の数年 (OLからカラーアナリストへそして)Profoile 3
楽しかった神戸でのミーハー女子大生活を終え、社会人へ

「色」「デザイン」に目覚めた私。

本当は、アパレル・デザイン関係へ進みたかった。

でも、大学で専攻していたのは全くの畑違い。

その当時の就職は、
女子大では「推薦」をもらいその企業の就職試験を受けるというパターンが多く、
熱い気持ちも無かった私は、大阪に本社を置く電機メーカーのOLになりました。

事務職が、本当に向かないことを痛感させられる日々でした。

仕事が暇になったら、会社の書庫の隅っこで寝ていました。(笑)

でもね!たった3年半のOL生活でしたが、1度だけ輝ける思い出があります!

社内で、○○推進委員会のポスターの募集の情報を知り、
久しぶりに筆を持ち、ポスターを描いたところ優勝!!

全世界の工場や事業所に私のポスターが配られました!!(^^♪

すごくうれしくて、やっぱり絵を描くこと、色を考えること、大好き!
と確認するも、またいつもの退屈の日々に戻り、
早々と23歳で結婚、24歳で出産、退職。

子育てもまあまあ楽しんでしていたときに、運命の出会いがありました。

今から28年前のこと。

ご主人の仕事でアメリカで暮らしていた幼馴染のMちゃんから
「アメリカで習ってきたパーソナルカラーという仕事を始めたの。」と。

「なに?それ?」

「早速、彼女が私をパーソナルカラー診断してくれました。
 顔の近くに持ってくる色で、気分も顔色もこんなに変わる。実感。そして、嬉しくて!」

人の微妙な肌の色を分析し、似合う色を見つける仕事。

「こんな仕事、したい!!」

その後、私も勉強し、カラーアナリストになりました。

c0243369_14181320.jpg


口コミで仕事が入ってくるようになり、
子育てと両立しながら仕事を楽しんでいたあるとき、

知り合いのファッションモデルさんから、アパレルメーカーの仕事を紹介されました。

イベントを成功させたことがきっかけになり、
月に数回、日本各地のデパートや店舗でのイベントに呼んでいただけるようになりました。

イベントの内容は、

VIPのお客様のカラー(似合う色グループ)を診断し、
その場で店舗内のお洋服をコーディネートして差し上げる。

VIPのお客様もテンション上がる服をその場で見つけることができて喜ばれる。
メーカーさんも売り上げが上がり、喜ばれる。
わたしも嬉しそうなお客様を見て、嬉しい。

そのとき、小学校時代のブサイク事件にとても感謝しました。(笑)

あの時の観察力がとても役に立ちましたよ!

似合う色が見つかっても、ご本人を含めたファッション全体のカラーコーディネートが整っていないと
残念ながら美しくはありません。

1日に何人もの方を診断し、その場で、似合う色に美しく合う色を整えていく作業。
何回も何回も。
時には髪型までアドバイスしたり…。
お店の方に商品の飾り方や並べ方のアドバイスもするようになりました。
当然、お店も整っていないといいものに見えないし、美しくもない。

色彩心理の本も多く読み、こころと色のつながりにもとても興味を持ちました。

あっという間に1日が過ぎるとても忙しく充実した日々、
すごく多くの経験をこの数年でさせていただき、多くの気づきを得ました。


・いろんなベージュ、グレー、ブラウン、ホワイトがあること。
・その微妙な色合わせの違いが、美しさの度合いを変えること。
・色の強さやと面積の関係。
・まったく同じ肌の色を持つ二人であっても、
 顔のパーツ(目・鼻・口・眉毛・輪郭)のデザインが違うと似合う色も微妙に違うこと。
・デザインと色の相性。
・土地によって、好みが変わること。
・キャラクターと色の関係。


「色」「デザイン」三昧の日々でした。
 もう、オタクです。(笑)

そんな中、個人的に親しくなるお客様も増え、
インテリアに関してのご質問をとても多く受けるようになりました。

もちろん好きな分野です。
色に関しては、自信もあったのでお応えできる範囲では答えていましたが、
ふと、あの教会での感動を思い出しました。

ファッションよりも、もっと大きな空間、
人を家族をすっぽり覆う、

美しくて、優しく、あたたかな空間を作りたい!

と、7月中旬に思いつきその年の10月にはインテリアコーディネーターの試験を受け、
1次を無事通過、翌年の2月には、合格通知を手にしました。

後にも先にも、人生で、一番集中して勉強しました。

建築関係の知識0ゼロ。
「ラーメン構造?なにそれ~!!」って、本当に泣きながら。(笑)

色彩検定1級の時もそうでしたが、
勉強嫌いなこんな私でも、好きなことのためなら頑張れること知りました。

そして、遅咲きのインテリアコーディネーターへと人生は続きます。


















[PR]

# by arys-act | 2017-09-11 14:20 | プロフィール | Comments(0)
2017年 09月 10日
本物の「好き」
久しぶりの東京。

再会した友人と、「アマン東京」の
バーラウンジでお茶をしました。

下の階のフロントのテーブルは、厚い無垢の一枚板。
座卓を思わせるようなデザインの椅子。
上質の和モダン。

そして、静かで広々とした33階のラウンジは、落ち着いた空気。
外苑の森を眺めながら、1年ぶりにあった友人とゆっくりと語り合えました。

夕方だったので、気が付けばキャンドルに灯がともり夜景が見え始めました。

せっかくだから、お部屋を見せていただくことに。

エレベーターで客室階に上がり、廊下に出たとき…。
柔らかなオレンジ色の灯りに包まれ、ほんのりと清潔感ある香りが。

もう、一瞬で全身の筋肉が緩み、リラックス。

見せていただいたお部屋は、
シンプルで高級旅館をイメージさせられるような空間でした。

そして、33階に戻り、見上げれば、

巨大な吹き抜けの天井と壁が障子。
石庭をイメージさせるようなオブジェ。
「和」の畳・障子の優しい色と灯りに包まれ、
鳥肌が立つほど気持ちよかったです。

また、いつものフリーズ。(笑)

上がってきたときは、まだ明るくて気が付きませんでしたが、
日が暮れて、違う表情になっていました。

このような空間、すごくすごく好きです。
ずっと、ここにとどまりたい。


次の日、お会いした方にその話をしたら、

「身体が反応するのですね。頭で考えてるのではなく、
 身体がそう反応することは、抑えることのできない本物の感情なのですね。」と。

なるほど。

理屈ではなく、身体が反応する好き。

「でも、美しい空間って、みなさん好きでは?」と、私が言うと。

「いえいえ、そりゃ好きでしょうが、高津さんほど反応しません!(笑)
 因みに、私は、数字が大好きです!!」と。

その方、とても美しい女性なのですが、
子供のころから数字が大好きだったそうです。


私は、大の苦手!!(>_<)


自分と違うタイプの素敵な方とまた出会えました。(^^)











[PR]

# by arys-act | 2017-09-10 01:35 | 私こと | Comments(0)